ハッピーメール(ハピメ)体験記!出会えた巨乳娘は何カップ?

さて、あなたはあと何分で出会えた確率74.5%のハッピーメールにお試し無料会員登録するのでしょうか?

ハッピーメールに当サイトから無料登録すると年齢確認後にポイント増量サービス中!


出会えた確率74.5%のハッピーメール(Happymail)ならセフレと出会うのもタダマンするのも攻略のコツでカンタン!


無料会員登録&年齢確認でタップリ無料ポイントをもらって

ハッピーメールの公式サイトで今すぐかわいい女性と出会う

ハッピーメール(ハピメ)体験記!出会えた巨乳娘は何カップ?

ハッピーメール(ハピメ)でかわいい子、エッチな女性と出会いたいなら

早い者勝ちです!

出会える確率を上げるための方法

 

ハッピーメール(ハピメ)で出会えた巨乳娘と2カ月ぶりに再会

2カ月前にメールのやり取り始めたパチンコ屋の巨乳娘である、ハッピーメール(ハピメ)で出会ったマナミからメールが届きました。

 

確かに、ハッピーメールには女性のバスト、ウエスト、ヒップの3サイズを使って、好みの体型な女性をプロフ検索で探すことができる機能があります。

 

ハッピーメール体験記!本当に出会えた巨乳娘は何カップ?

 

ですから、巨乳だろうが貧乳だろうがハッピーメールなら探し出せるのですが、このマナミについては、巨乳検索(笑)をしたわけではありません。

 

ホントにラッキーな偶然です。

 

28歳のマナミとはすでに食事しながら二度ほど告白しているにも関わらず、ホテルに連れて行かれるのを察知したのか(笑)

 

「まだ早いよ~。」

 

という理由でおあずけされている状態でした。

 

そんな状態ですから、マナミの巨乳に気がついていたとしても

 

「何カップなの?」

 

な~んて、せっかくハッピーメール(ハピメ[18禁])でかわいい女性と出会えたわけですから、のんきに聞いている場合じゃなかったんですね。

 

ハッピーメール(ハピメ)で出会えた巨乳娘からのお誘い

でも、今回はボクからじゃなくて、マナミのほうからメールが来たわけですから期待するなっていうほうが無理だっていうもの。

 

ハッピーメールで出会ったマナミからのメールには

 

来週の木曜日に知り合いのライブがあるんですけど、良かったら一緒に行きませんか?

 

という内容が・・・これをどうとらえるべきでしょうか?

 

ライブはあくまで誘う口実で、いよいよお付き合いの返事をくれるつもりなのでは?

 

いよいよお手て繋いで~ホテルのお部屋までついてきてくれるということなのか!?

 

けれども残念なとこに、ボクにはその木曜日にどうしても動かせない予定が入っていたので、ライブには行けないけれども、別の日に食事に誘ったらどうなるかな~って思ったんです。

 

もしかしたら、この逆提案への返事でマナミの真意が分かっちゃうかも!

 

ゴメンナサイ、木曜日は予定があって・・・。

 

来週の月曜日はどうですか?

 

と送ってみたところ、

 

そっか、了解です。

 

月曜日大丈夫です。

 

楽しみにしてます。

 

よし、これは脈ありありだ!絶対にキメてやるぅ~!

 

ハッピーメール(ハピメ)で出会った巨乳娘と2ヶ月ぶりの待ち合わせ

「どうも、お久しぶり。」

 

「お久しぶりです~。」

 

おおっ、マナミは相も変わらずカワイイ、そして相も変わらず乳がデカい

 

ボクたちは、ターミナル駅で待ち合わせて、駅ビルのカフェバーに入りました。

 

今日は「まだ早い~。」とは言わせないぞ!

 

「早速だけど、この前会ったときに告白したじゃん。あれってどうなったのかな?」

 

「いきなりその話ですか。」

 

いきなりっていうか、もう2か月もかかってるからね。

 

最初に付き合ってくださいって言ったの、かなり暑い季節だったぞ。

 

「好きだからすごい気になっちゃってさ…なんか焦らせちゃったらごめんね。」

 

「私のどこを気に入ってくれたんですか?」

 

あれ、この質問、この前のときにもしてなかったっけ?

 

何て答えたか忘れちまったぞ(笑)。

 

「・・・もちろんカワイイなっていうのもあるけど、マナミさんと話している時に一生懸命話してくれるのを見て真面目で素敵な方だなと思って。」

 

「また会ってみてどう思いました?」

 

「話も合うし、会ってて楽しいなって思うし、だから、つきあいたいと思ったんだよ。」

 

「・・・大事にしてくれますか?」

 

お、来たよ、来たよ来ましたよ!

 

ついにOKが出るのか!

 

「もちろん。絶対に大事にするよ。」

 

「じゃあ…つきあいましょう。よろしくお願いします。」

 

うれしい。マジでうれしい。

 

ハッピーメール(ハピメ)で出会った巨乳娘といよいよラブホへ

ハッピーメール(ハピメ[18禁])でマナミと知り合ったときから2カ月もかけて、何度も会った甲斐があったもんだ!

 

そうと決まったらこんな駅ビルのカフェバーなんぞに用はない。

 

すぐにでもエッチだ(笑)。

 

ボクとマナミはあわてるようにカフェバーを出てしばらく歩きました。

 

人気が少なくなったのを見計らって、道路沿いで立ち止まってマナミにキスをしてみたんです。

 

「んん・・・恥ずかしいですね。」

 

さすがは恋人同士、マナミからの抵抗はない。

 

この続きは個室でしましょ。

 

はい、お客さん、こちらですよ~。

 

「あれ、どこに向かってるんですか?」

 

真面目な女性らしいセリフでした。

 

そんな真面目な女性であるマナミに対して、ラブホだよ~、なんて軽く言ったら面倒な展開になるかもしれない・・・。

 

「お散歩だよ。」

 

「そうですかー。」

 

「うん。へえ、この辺りってこうなってるんだ。」

 

「私も知りませんでした。」

 

などと会話しているうちに、作戦どおりホテルの前に到着しました。

 

「え、入るんですか?」

 

「うん。どうしたの?」

 

「今日は心の準備ができてなくて。」

 

「何もしないからさ。とりあえず入るだけ入ろうよ。」

 

思わず超古典的なラブホに誘うセリフを口にしたところ、

 

「うん・・・ならいいよ。」

 

いいのかよ!

 

ハッピーメール(ハピメ)で出会った巨乳娘は、で、出た!Fカップ!

マナミはソファーにちょこんと座ってモジモジしている。

 

ずいぶん緊張しているようだ。

 

「ひょっとして、こういうとこに来たことないの?」

 

「初めてです。」

 

どんだけウブなんだ?ま、まさか処女じゃないよな?

 

「ひょっとしてエッチも初めて?」

 

「あ、それはあるんですけど。ずいぶん昔の話で・・・。」

 

このままではきっと手こずる展開になってしまう・・・。

 

とりあえずもう少しマナミをリラックスさせてあげてからでなければ。

 

そこで、マナミの両手をとって、改めてキスをした。

 

おっ、目を開じて気持ちよさそうにしてるぞ。

 

では早速服を脱がせてみようか。

 

「あ、ちょっと待ってください。やっぱり、するんですか?」

 

どうやらマナミは本当に何もしないと思ってたらしい。

 

でも、さっきもラブホに入るか入らないかで、押したら押し返せないタイプの女性だってことは既に判明しているのだよ。

 

「恥ずかしい?じゃあ、ボクから脱ぐね。」

 

一瞬にしてパンツ一丁に。

 

「え~、脱がなくていいですよ。」

 

「次はそっちの番だよ」

 

「・・・はい。」

 

ゆっくりとシャツをめくりあげ、マナミの服を脱がしていく。

 

「オッパイ、大きいんだねー。」

 

「はい。」

 

「何カップあるの?」

 

「Fです。」

 

ハッピーメールで出会えたFカップの巨乳娘

 

すごいぞ!しかもデブじゃないし。

 

可愛い女性でFカップなんて本当に久しぶりだ!

 

しかも乳首はきれいなクレヨンで塗ったようなピンク色だし。

 

「恥ずかしいよ・・・見すぎだよ。」

 

あっ、そう。じゃあマナミのFカップの胸を見るのはここらへんまでにしておいて、ボクはマナミの背中の方へ回り込み、モミモミタイムへ。

 

「ああっ、いやァ・・・。」

 

ボクの指先がマナミの乳首を捉えるたびに声があがる。

 

う―ん、すばらしいこのハリと弾力。

 

ボクはそのままマナミのFカップの胸を揉む手を休めることなく、ピチャピチャとわざと音をたてて乳首を舐めまわして、舌の先っちょで乳首を突っついた。

 

「ううっ・・・。」

 

ピンと立ちあがったピンク色のカワイイ乳首を口の中に含んで、またピチャピチャと音をたててながら吸いつくした。

 

乳首もコリっと良い感じに勃起している。

 

間違いなく極上の乳だ。

 

ひとしきりマナミのFカップのオッパイを楽しんだあとは、いよいよこの時が来た!

 

「恥ずかしい、恥ずかしい。」

 

と繰り返しながら体を揺するマナミの下着をぐいぐい脱がしていく。

 

脚を開いてゆっくりと指を入れてみると、すでに中はすっかり濡れていた。

 

クチュクチュじゃん。

 

ボクは、恥ずかしさに打ち震える初々しいピンクの秘唇に口を押し当てた。

 

「あっ、いやァ!」

 

マナミの体がビクッとしなった。

 

ボクは花ビラを両手の指で優しくゆっくりと左右に開いて、開いたその中のピンク色に舌の先っちょを挿しこんで、下から上へ舐めあげた

 

「ああっ・・・だめぇ!」

 

マナミを仰向けにして、いよいよ最終地点が近づいてきた。

 

脚を開いてマナミに覆いかぶさる。

 

ボクの波動砲をマナミの花びらの奥に押し当てて、ゆっくりと突き刺した。

 

「あっ、はあーっ・・・。」

 

まるで全身のチカラが抜けたかのように深い吐息を漏らしたマナミの上半身がのけぞった

 

処女を奪われて以来一度もヤっていないという、マナミのきつめのオ○ンコがググっと締め付けてくる。

 

「痛い?」

 

「ううん。はあーっ・・・はあはあ・・・気持ちいい。」

 

久しぶりのエッチでマナミが痛がらないことが分かったので、ゆっくり動くのをやめてズボズボとボクの波動砲を抜き差しした。

 

次には騎乗位の体勢でマナミのFカップの巨大なオッパイの揺れを楽しんだ。

 

「ああっ・・・ああっ・・・。」

 

押さきれずにモレてしまっているマナミの喘ぎ声と目の前でブルンブルンとゆれるFカップに興奮しつつ、最後は再び正常位に戻した。

 

いったん、ボクの波動砲を抜いても二、三回スボスボと出し入れしただけで、マナミは上半身をのけぞらせ、腰がくねくねと動きつつけて止まらなくなった。

 

「ああーっ・・・!」

 

最後に狂乱したかのような声を挙げるとマナミは果てた。

 

ハッピーメール(ハピメ)で本当に出会えた巨乳娘と1回だけじゃもったいない!

ハッピーメール(ハピメ[18禁])で出会ったマナミですが、エッチが終わって、ハイじゃあ、さよならっていうわけにはいかなかったんですね。

 

「大事にしてくれますか?」

 

って言われていることもあって、

 

「体だけが目的なヤリ目だったのね。」

 

と変に思われたら、また一からやりなおしになってしまうのも面倒なので、食事に行くことを約束していたことを思い出し、何を食べたいのか聞くと、イタリアンがいいというんです。

 

っていうか、女性はイタリアンって言えばなんでもいいのかっていうくらい、この答えが多いですね。

 

「じゃあ、約束通り、食事に行こう。ラザニアもおいしいお店がこの近くにあるから。」

 

ホテルを出て、ボクたちはおすすめのラザニアを食べに行きました。

 

ハッピーメール(ハピメ)で実際に出会えるまでが長かったのですが・・・

マナミと出会えるまでには2カ月間という時間がかかっています。

 

普通の素人の女性の中には出会い系サイトに対して警戒心を強く持っている場合があるので、あせらずじっくりとメールのやり取りをしたほうが、結局はうまくいくことが多いのですが、さすがに2カ月は長すぎな感じでした。

 

もちろんハッピーメール(ハピメ[18禁])で2カ月もやりとりしてたら、ポイントがいくらあっても足りなくなっちゃいますから、もちろん、早い段階で直メに移行していました。

 

逆に言えば、直メに移行できていたから、2カ月の長期戦でもハッピーメールのポイントが補給不足にならずに前線で戦い続けることができたといえるでしょう。

 

このマナミも、例の最初のメッセージに返事をもらってメールのやり取りが始まった女性でしたよ。

 

ハッピーメール(ハピメ)の女性はプロフィールから探すのが出会えるコツ

ハッピーメールもものすごい数の女性がいますから、全部ひとくくりに考えられるわけではありません。

 

けれども、掲示板に書き込んでいるのは、大半が援デリ業者、セミプロ女、キャッシュバッカー(CB)なので、ボクはハッピーメールのプロフィール検索から、目当ての女性を見つけるようにすることがほとんどです。

 

ハッピーメールの掲示板に書き込んでいる普通の素人の女性もいますが、プロフィールから気になる女性を見つけて、その女性が何回掲示板に書き込んでいるかチェックするんです。

 

10回も20回もハッピーメールの掲示板に書き込んでいるような女性だったら、援デリ業者、セミプロ女、キャッシュバッカー(CB)の匂いがプンプンしますから、どんなにカワイイ写メがあってもスルーしましょう。

 

相手の女性がハッピーメールの掲示板に何回書き込んでいるかチェックするだけでも、今回のマナミみたいな普通の素人の女性を見つけることができたので、ハッピーメールで相手が普通の素人の女性かどうか判別するおすすめの方法です!

 

もちろん、優良出会い系サイトを併用した方法の方が安全・強力ですが・・・。

 

ハッピーメール(ハピメ)体験記!出会えた巨乳娘は何カップ?のまとめ

それでは、これから初めて出会い系サイトを使ってみようとしている出会い系初心者のみなさん!

 

出会い系初心者でも本当に出会えると評判の優良出会い系サイト・ハッピーメールでメールのやり取りをしている女性と出会ったり、タダマンしたり、そしてセフレを作ることができるようにがんばりましょう!

 

ハッピーメール(ハピメ)のお得な無料会員登録&年齢確認で本当に出会うために

出会えた確率74.5%のハッピーメールならばセフレと出会うのもタダマンするのも攻略のコツでカンタン!

本当はあなたもハッピーメール(ハピメ)に会員登録して可愛くてエッチな女性と出会いたいと思っているんじゃないですか?


ハッピーメール(ハピメ)に当サイトから無料登録すると年齢確認後にポイントサービス中!


ハッピーメール(ハピメ)は無料ポイントが多ければ多いほどかわいい女性に出会いやすくなってタダマンやセフレを作るチャンスも出てくる!

年齢確認で追加の無料ポイントまで全部もらうのがハッピーメールで出会えるコツ!


ハッピーメール(ハピメ)に登録したら使い方のコツと攻略法でヤリ友やセフレを作ることもできる!


無料登録&年齢確認でタップリ無料ポイントをもらえる

ハッピーメールの公式サイトで今すぐかわいい女性と出会う

ハッピーメール(ハピメ)体験記!出会えた巨乳娘は何カップ?


ハッピーメール(ハピメ)でかわいい子、エッチな女性と出会いたいなら

早い者勝ちです!

 

出会い系初心者でも安心な詳しいハッピーメールの無料登録の方法とコツ

ハッピーメール(ハピメ)に初めて無料会員登録するときの

  • 登録方法と手順
  •  

  • スマホや携帯の電話番号の登録の手順や安全性
  •  

  • 年齢確認のやり方
  •  

  • 無料ポイントを最大までもらえるようになる方法

など、出会い系初心者の方のために、できるだけ細かく詳しく解説しています。
ハッピーメール(ハピメ)の無料会員登録のコツと安全な年齢確認の方法

 

出会える確率を上げるための方法